消費者金融の鉄則

ロゴ
トップページ
<必要最低限のおかねだけを借りる>
消費者金融でこれから借入をする人に対して鉄則を紹介します。絶対にこの鉄則を守っていれば消費者金融でトラブルになったり、返済が困難なったり、多重債務者になるということはありません。消費者金融でこれからお金を借りるという人はぜひこの鉄則を守っていただきたいですね。鉄則は四つあります。消費者金融でお金を借りるときには、絶対に必要がない借入はしないというのが鉄則です。消費者金融はあくまでも借金をしていることになります。親からお金を借りるときに必要もないのにお金を借りますか?銀行にある自分の預金からお金を出すというのであれば、もしかすると多めに必要もないお金を引き出しておくということはあるかもしれませんが、親や人から借りる際に必要もないお金を多めに借りておくなんてことはあまりしないと思います。消費者金融でお金を借りる際も同じです。必要最低限のおかねだけを借りるようにしましょう。たとえば友人の結婚式があるけどご祝儀が包めない。お金がない。消費者金融でご祝儀の3万円だけ借りよう。でも2次会もいくかもしれないし、何かプレゼントもしてあげたいな。一応お金を持っておいた方がいいかもしれないので5万円借りよう。こういうことになれば3万円の必要金額が気がつけば5万円利用していることになり、その分借金が増えています。借入は必要最低限にとどめるというのが、鉄則の一つです。他にも自分の借り入れ総額と返済金額のバランスはきちんと毎回把握しておきましょう。とても多いのが、借入数が多くなりすぎてどこからどこに返済すればいいのか、今バランス的にはどうなっているのかということが全く分からなくなっている人が多いので、絶対にバランスを崩さないようにしましょう。 返済は返済計画を立てて返済しましょう。支払いが出来るのに、だらだらと長期間消費者金融で借入ていると利息がその分付きますから損することになります。ダラダラと借入をするのではなくて、返済できるのであれば、すぐにでも返済することが大切です。消費者金融は信用をもとにして借入をさせてくれていますが、もしも消費者金融での返済日に遅れてしまいそうだというときには、先に消費者金融に連絡をしたうえで遅れる旨を伝えましょう。黙って遅れて信頼をなくすようなことのないようにすることも消費者金融を借りるにあたっての鉄則の一つです。この四つを守ったうえで消費者金融を利用していれば、絶対にトラブルに巻き込まれることはないでしょう。

<消費者金融の選び方>
どうしてもお金が必要で、消費者金融への申し込みの仕方も理解しました。 いよいよお金を借りるだけなのですが、消費者金融は、あなたが思っているよりもずっとたくさんあるんです。 実際にお金を借りる時には、たくさんある消費者金融の中から1つだけを選ばなければなりません。 どれも同じ、なんて思っていると、痛い目にあいますよ。 消費者金融を選ぶポイントは2つ。どれくらい借りるのか、どうやって返すのか、です。 100万円必要なのに50万円しか貸してくれない消費者金融を選ぶ意味はありませんし、 一気に返すか、少しずつ返すかでも選ぶ消費者金融は変わってきます。 まず、借りる額から選ぶ場合。 大金が必要なのなら、審査のゆるい所を選ぶ方が無難。多少の利息の高さには目をつぶるしかありません。 逆に小額でもよいのなら、限度額は低めでも利息が低い所を選ぶといいですよ。 借りてすぐに返せる見込みがあるのなら、利息の高さは関係なし。 少しずつ長期に渡って返すつもりなら、利息は低ければ低いほどのちのち楽になります。 また、返す方法もポイント。 限られたATMでしか返せない所は、近場にそのATMがないと不便です。 忙しい人は銀行引き落としで返せる消費者金融を選びましょう。



Copyright(c) 消費者金融の鉄則. All right reserved.